サイトマップ
会社案内トップ
社長ご挨拶
概要
沿革
所在地
採用情報


昭和21年 昭和19年以来、松本市に疎開していた三菱重工竃シ古屋航空機製作所の技術者と機械設備の一部を片倉工業鰍ェ継承して、同社松本機器製作所と称し、 動力脱穀機、カルチベーターの生産販売を通じて農機業界に発足した。
昭和22年 農林省、通産省の重要指定工場となる。
昭和24年 動力脱穀機におけるスロワー式揚穀装置の実用化に成功し、脱穀調整機界にスロワー時代の先鞭をつける。 
 
昭和30年 動力脱穀機に日本工業規格が適用され、第一次の表示許可を受ける。
片倉工業鰍ゥら分離独立して片倉機器工業鰍ニなり、農業機械専門工場として確固たる地位を築いた。
昭和31年 ハンドトラクターを開発する。
昭和35年 資本金を6,000万に増資する。
新三菱重工業鰍ニ動力脱穀機(動脱、自脱)について販売提携する。
 
昭和42年 資本金を1億円とする。プレス、機械工場を増設し、増産体制の充実を図る。
昭和44年 オールスチール製軽量自動脱穀機を開発する。
昭和45年 鋼機部を新設し、鋼製建具(スチールドア、防火扉各種)の生産に着手する。
業界のトップを切ってホイール製ハーベスタを開発し、好評を博す。
昭和46年 松本市における土地利用計画、市街地再開発における計画に基づき、松本市西南工場団地に工場を新築移転する。
昭和49年 クローラ型ハーベスタを開発する。
昭和51年 業界のトップを切って、超小型一輪管理機(スーパーカルチ)を開発し、好評を博す。葉たばこ編成機を開発。
昭和53年 国の水田再編施策を受け、自走式大豆スレッシャーを開発する。
昭和54年 業界のトップを切って、乗用自走式野菜移植機を開発する。
昭和57年 自走自脱小型化の先鞭をつけ、クローラ型超小型、ラセン揚穀機付のFH250を開発する。
わら切りの省力化と運搬車を兼ねた自走カッターを発売する。
昭和60年 果樹園高所作業台車を開発する。
昭和61年 家庭用温泉装置”湯治泉”を開発する。
昭和62年 果樹園用電動作業台車を開発する。
平成2年 ゴルフ場用コア収集機(各種)を開発する。
平成4年 乗用型コンニャク芋植付機を開発する。
平成5年 ガスボンベ電動運搬機、消防車搭載電動ホースレイヤーを開発する。
平成6年 乗用型ゴルフ場用コア収集機(各種)を開発する。
平成9年 キャベツハーベスタを開発する。
平成10年 構内電動運搬車、長芋植付機、半自動ポット苗乗用移植機、マルチフィルム巻取り機を開発する。
平成11年 乗用型菊移植機を開発する。管理機のモデルチェンジを発売。
平成12年 ニラ・ネギ移植機をモデルチェンジする。
平成13年 長いも移植機をモデルチェンジする。
平成14年 軽量管理機、管理機シングルクローラタイプを発売する。
半自動2人乗り野菜移植機を開発する。
平成18年 管理機をモデルチェンジする。
平成19年 自走カッターのフルモデルチェンジをする。
平成20年 安価タイプの野菜移植機、新型の高所作業台車を開発する。
平成21年 農用トレンチャー、電動作業台車の開発をする。
ハーベスタのモデルチェンジ、乗用2人用こんにゃく親玉移植機を発売する。
このページの先頭へ  

Copyright 2011 KATAKURA MACHINERY INDUSTRIES CO., LTD.
ホーム / 会社案内 / 農機製品紹介 / よくあるご質問 / サイトマップ / お問い合せ
〒390-1183
長野県松本市大字今井7160番地
TEL:0263(58)4711
FAX:0263(86)2844